フィナバルド

AGAとフィナバルド

頭頂部とか額等がまとまって薄くなっていくのが一般的に男性型薄毛(AGA)の状態です。

 

 

女性型の場合は全体的に薄くなるので、その点で大きく違います。

 

 

この薄毛の場合は、男性ホルモンが影響しているので、それを改善するためには男性ホルモンの受容体に働きかける成分を摂取するのが効果的な方法の一つです。

 

 

そんな受容体に働きかける成分がフィナステリドで、それが含まれている薬として有名な物がプロペシアです。

 

 

ただ、実はこのプロペシアですがジェネリックがある事をご存知ですか。

 

 

その一つがフィナバルドです。

 

 

「フィナ」とつく所からも、フィナステリドが含まれている薬だという事が良くわかるでしょう。

 

 

ところで、このフィナバルドですが中に含まれているフィナステリドの量はプロペシアと同じで1mgです。

 

 

その為、服用するとほぼ同じ効果を期待する事もできます。

 

 

また、フィナステリドが配合されているAGAの治療薬はほかにも有りますが、これに関して言えば発がん性があるかもしれないと言われているキノリンイエローを表面に塗布していないので、安心して服用できるのです。

 

 

その為、現在ではキノリンイエローフリーのジェネリックとして注目されるようになりました。

 

キノリンイエローフリーだから発がん性を気にする必要がありません。

さて、フィナバルドですが、薄毛の進行を抑える、発毛効果を期待する、どちらの目的でも服用する事は出来ます。

 

 

ただ、その目的によって服用すべき期間が変わってくる事も知っておきましょう。

 

 

例えば薄毛の進行の面での服用であれば、大体3ヶ月〜6ヶ月程で効果を感じる事が出来ます。

 

 

また発毛の場合は1年程見ていると、改善されたと感じられる人が増えてくるのです。

 

 

従って、短期間ではなかなか効果を感じる事は出来ないので、この薬を服用する時は長期計画で服用する様にしましょう。

 

 

ところで、服用する場合に気になるのが副作用ですが、頭痛や腹痛、後は下痢等の症状が出る事がありますが、その可能性はかなり低く、そんなに副作用を心配する必要は有りません。

 

 

ただ、どんな薬でも言えますが、肝臓でその成分は分解される事になります。

 

 

その為、肝機能が低下している時などは、もしかしたらその機能障害を起こしてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

 

それほどひどい副作用が出る薬ではありませんが、もし強い頭痛や吐き気をもよおす事があったら、服用を注意し、まずは医師等に相談しましょう。

 

 

ただ、フィナバルドは飲み続ける事によって効果を発揮する薬なので、途中で辞めてしまうとその効果が次第に薄れて行ってしまいます。

 

 

ただその時も再び飲み始めればまた効果を感じられるようになるので、それほど心配する必要は有りません。

 

プロペシアのジェネリックとして人気のフィナバルド

男性型脱毛症は放置しているとそのまま少しずつ進行していき、改善がより難しくなりますので、早めの対策が大切です。

 

 

頭皮マッサージや食事の見直し、市販の育毛剤や育毛シャンプーの利用などもある程度は進行を抑えるのに役立ってくれますが、しっかりとした結果を出したいのであればやはり医療機関の治療ということとなります。

 

 

現在、日本で行われている育毛治療にも様々な種類がありますが、脱毛初期の頃によく行われる治療が薬を使った治療です。

 

 

有名な存在は内服するタイプの医薬品プロペシアで、脱毛の原因となる男性ホルモンの働きを抑制するのに役立ってくれます。

 

 

とても良い効果を期待できる薬ですが、やはり結果を出すためには長く続けていくことが大切で、最低数ヶ月は利用していく必要がある薬です。

 

 

それゆえにすぐに効果が出ないからとすぐに治療をやめてしまわず、根気よく続けていくようにしましょう。

 

 

治療は保険適用されないこともあり、より安く治療を行うために、海外医薬品の個人輸入でジェネリック的な薬を購入する方も増えています。

 

 

そして、プロペシアのジェネリックにも色々な薬がありますが、代表的なものにフィンペシア、そして最近特に人気が高まっている薬にフィナバルドがあげられます。

 

フィンペシアとフィナバルドの違い

どちらの薬もプロペシアと同じくフィナステリドが有効成分となっており、同じような効果効能が期待でき、それでいて、かなり低価格が人気の理由と言えるでしょう。

 

 

そしてフィンペシアとフィナバルドの違いについても知っておきたいですが、販売価格はどちらも大差はありません。

 

 

さらに違いについては薬に使われているコーティング剤があげられます。

 

 

フィンペシアの場合は微量ですが、キリンイエローというコーティング剤が使われ、発がん性が疑われています。

 

 

海外ではキリンイエローは食品にも利用されていますが、日本では食品への利用は認められていない添加物です。

 

 

健康に影響がないほどの量であっても、AGA治療薬は長期に利用していくこととなりますので、やはり身体への影響は気になるといえるでしょう。

 

 

そこで、最近はキリンイエローが利用されていないフィナバルドがより安心して利用できるということで、こちらを選ぶ方が増えています。

 

 

フィナバルドは海外医薬品の個人輸入代行業者を利用するとネットで手軽に注文が可能です。

 

 

プロペシアと同じく成人男性のみに利用できる薬で、妊娠中の女性には特に気をつけなくてはいけない薬ですので、正しい使い方を理解し、髪の悩みを改善していきましょう。

 

安価にAGA治療を実現できるフィナバルドとは

主成分をフィナステリドとするAGA治療薬が日本で発売されたのは、2005年の事です。

 

 

プロペシアという名称で発売されたAGA治療薬は、現在に至るまで、多くの男性の薄毛の症状を改善させています。

 

 

このフィナステリドを主成分とするAGA治療薬として日本国内で認可されているのは、プロペシアのみです。

 

 

また、プロペシアは日本では医師の処方を受ける事でしか入手する事が出来ません。

 

 

その一方で、海外ではフィナステリドを主成分に持つジェネリック医薬品が多数開発、販売されています。

 

 

フィナバルドもその中の一つで、EastWestPharmaというインドの製薬メーカーが販売するジェネリック版AGA治療薬です。

 

 

このジェネリック薬は、フィナステリド1mgを主成分としていて、プロペシアと同様のAGA改善効果が得られる医薬品となっています。

 

 

しかし、その価格はプロペシアと比べて非常に安価です。

 

 

プロペシアを日本国内で医師から処方を受けるには、7,500円程が必要となります。

 

 

また、この価格で入手出来るのは、28錠で約一ヶ月分弱の分量となっています。

 

 

この金額を一回払うだけなら、大した出費では無いかも知れません。

 

 

しかし、プロペシアは半年ほど服用を続けないと効果を実感し難い事から、実際はこの価格を毎月支払う事を半年以上続けなければ、AGA改善効果は得られないと言えるのです。

 

 

フィナバルドの価格

この一方で、フィナバルドは100錠入のものが、1,200円程で購入出来ます。

 

 

プロペシアが1錠あたり、約268円であるのに比べて、フィナバルドは1錠12円で購入できる計算になるのです。

 

 

比べてみれば、その安さは一目瞭然でしょう。

 

 

ただ、AGA治療薬のジェネリック版は、国内の薬局などでは購入出来ません。

 

 

日本国内にいながら、ジェネリック版AGA治療薬を購入するには、個人輸入する必要があるのです。

 

 

日本の薬事法では、個人が使用する分に限り、未認可の医薬品の輸入及び使用が認められています。

 

 

ですので、個人輸入を使えば合法的に、ジェネリック版AGA治療薬を購入する事が出来るのです。

 

 

ただ、実際に個人輸入を文字通り個人で行うには、英語の知識や輸入に関する知識が必要となります。

 

 

そこで、日本においてフィナバルドを使用している方の多くは、個人輸入代行業者を通じて、この医薬品を購入しています。

 

 

個人輸入代行業者なら、英語のスキルや輸入の知識が無くても、通常のショッピングサイトと同じ感覚で、海外の医薬品を購入出来るのです。

 

 

ただ、個人輸入での医薬品の使用は自己責任となり、副作用に関して政府の保証は受けられないという点は注意が必要です。

 

 

この点にさえ注意すれば、フィナバルドは安価で確かな効果のあるAGA治療薬だと言えるでしょう。